[地震解析ラボ]は、防災を担う実用地震予測情報配信会社として、 地震の脅威にさらされている多くの国々の 皆様に、 SDGs(持続可能な開発目標)を積極的に推進し、災害リスクの軽減「減災」を
実現させ、 日々の生活に「やすらぎ」が訪れるよう、国際社会の持続的発展に貢献してまいります。


「地震解析ラボ」は、科学とテクノロジーの融合を実現して地震の短期予測情報提供を実践しています。
国立研究開発法人 防災科学技術研究所の各種地震観測網のデータを使用して地震予測をしております。
・VLF/LF、ULF、GPS各電波データを解析して地震予測をしております。

logo-UNISDR-w240

国連防災世界会議「The UNISDR Science and Technology Conference」に正式参加しております。



台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様方の安全と被害に遭われた方々の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。


人の生命と財産を守る・・その願いをこめて

Message:

私たちは「科学とテクノロジーの融合」を実現して世界最初の実用短期地震予測情報を提供しています。

ここ数年、世界的に自然災害が大変多くなっています。自然の猛威は凄まじいものです。
しかし自然に対し謙虚に向き合い、人間の知恵を結集していくことで被害を軽減することは可能だと考えています。

それには最初から「出来ない」と決めつけるのではなく、勇気を持って「始める」ことだと思います。
有史以来、人間社会の発展は絶えずチャレンジの連続だったはずです。
私たちはリスクを恐れず、前を向き、チャレンジを続けることで困難な課題は克服できると信じ、これからも絶えず愚直に歩んでまいります。


想 い:

地震予測も天気予報のように日常にしていきたい。

地震を数日前という短期で予測できれば、地震発生までに様々な準備を整え、最初の発生時被害を軽減し、その後の72時間の生存率を高め、
二次被害も大きく軽減することが可能になります。そしてより速い復旧を実現し、人的、物的、経済活動損失の著しい軽減に寄与いたします。

地震予測情報を運用することで、地震の脅威にさらされている多くの国において地震災害リスクの軽減「減災」が実現し、日々の生活の
「やすらぎ」が訪れることを願うものです。

これから私達は「地震学」「電磁気学」「火山学」「気象学」「数理統計学」「工学」「社会学」をはじめ、多くの学術分野の方々に
ご協力いただき、学際的に集結し防災・減災に向け「地震予測」の日常化を目指していきたいと考えています。



全国ハザードマップ広域版

各自治体の境界の無いボーダレス表示で、GPSによる現在地周辺の自治体のハザードマップにアクセスできます。
希望する自治体の検索も容易です。この全国ハザードマップ広域版を活用して、現在地、出張先、観光先の防災に役立ててください。

https://bosailab.com/

Shuto Chokka book cover

◎9月1日防災の日に向けた -首都直下地震に備えて-

新刊のご紹介:ぜひご一読ください。
首都直下地震「専門家5人の警告」 販売:株式会社 講談社
如水会 一橋フォーラム21
著:平田直 著:武村雅之著:鍵屋一 著:有吉章 著:齊藤誠




短期地震予測は何故必要か