「地震による減災を共に考える分科会」第3回の開催

来る12月8日、三菱総合研究所プラチナ社会研究会において、インフォメーションシステムズ株式会社が代表提案者となっております「地震による減災を共に考える分科会」第3回を開催いたします。

今回は、地震予測による「寄り添う」防災の一つの形として、発災時に望まれるサポート、地震予測があれば円滑に進捗したであろうサポートについて、自分や家族、地域、会社等の組織が、あれば嬉しいと感じられることを検討するワークショップの開催を予定しています。

参加を希望される方は、下記よりお申し込み下さい。

http://platinum.mri.co.jp/seminar/subcommittee-meeting/p77-jishin-20201208

*定員があり、お申し込みいただいてもご参加になれないことがあります。ご了承ください。